趣味

【寒がりサーファー必見】冬のサーフィンはドライスーツが超オススメ

寒がりなサーファー必見。冬場のサーフィンはドライスーツが超オススメ

サーフィンは、海に入り波に乗った回数が多い人ほど上達は早いです。

週末サーファーより毎日入っているサーファー、夏場だけのサーファーより1年中入るサーファーの必ずと言っていいほど上達します。

1年中サーフィンやりたい気持ちはあるんですけど、冬はやっぱり寒い!寒がりで耐えられません。
その気持ちめちゃめちゃ分かります。僕もめっちゃ寒がりなんです。

しかし、そんな僕でも冬場のサーフィンを乗り切る唯一無二の方法があります。

それは、

「ドライスーツ」

ウエットスーツは良く見るけど、ドライスーツを着てる人は周りにあまりいません。
そんな方のために、ドライスーツを実際に使って分かったことをご紹介します。やる気があっても寒がりというあなたにオススメの記事となっています!

【この記事を読んで欲しい方】

  • 寒がりなサーファー
  • 冬のサーフィンを快適に過ごしたい
  • セミドライかドライスーツか迷っている
この記事を書いた人「よぶじん」

スポンサーリンク



冬場のサーフィンでドライスーツを使った感想

僕はホントに寒がりなんです。

冬場のサーフィンは、ブーツ・グローブを着けていても手足がめちゃめちゃ冷え切っています。

しかし、ドライスーツに変えて冬場のサーフィンが激変しました。

過言ではありませんが、全く寒くありません!

ホントに?!言い過ぎなんじゃない?!
海に入った時の「寒っ」って感覚があるじゃないですか?!ドライスーツは体内に海水がほとんど入らないため海の冷たさを感じません!

僕のドライスーツの使い方は、インナーとしてヒートテックを上下着ていました。

サーフィン中も快適です。

見た目はゴワっとした感じがありますが、肩まわりはノーストレスです。

パドリングもめっちゃしやすいですよ♪

波を追いかけ続けるとむしろちょっと暑い。

ただ、首元の締め付け感だけは嫌いでした。

首元からの海水の浸水を防ぐためとはいえ、かなり圧迫感があります。

また、冬場の辛いこととして、サーフィン後の「着替え」の時です。

サーフィン後は、汗や多少の海水などで若干濡れていることはありますが、ウエットスーツと比べると劇的に寒さ対策が向上します。

セミドライスーツなど厚めの生地でなかなか脱げずに寒いっ
モタモタしてると冬の風に晒されて体調不良確定です。

ドライスーツでは首回りの圧迫感がありやや脱ぎにくいものの、その他の部位はすんなり脱ぐことができます。

インナーとしてヒートテックを着ていることも着替え時には重宝します。

サーフィンが終わるとウエットスーツを真水で揉んで洗いますが、ドライスーツはその点においても非常に楽です。

内側は濡らさず乾かすだけ。外側は全体やジップ部をシャワーで洗い流すだけでいいんです。

ウエットスーツ洗うのって意外と面倒くさいもんね。

サーフィン中・サーフィン後・手入れについての感想でしたが、一度使うとセミドライスーツにはなかなか戻れないと思います。

それほど冬場のサーフィンでは活躍しますし、寒がりなサーファーには超オススメします!!

【サーフィン】ドライスーツのメリット

使った感想はすごい良さそうなんですが、メリットを教えてください。
わかりました。ドライスーツの具体的かつ魅力的なメリットをご紹介したいと思います。

寒くない

海水が入りにくいため、入水時の冷たさも感じません。

濡れにくいためにサーフィン中の体温低下も防ぐことができます。

ドライスーツのインナーとしてヒートテック素材の生地を着ることでさらに防寒対策ができます。

寒くないのは海の中に限ったことではありません。

体があまり濡れていないので、着替える時も寒くないんです。

海水が全く入らないわけではありません。頻繁にドルフィンスルーをしたり波に飲まれたりするとちゃんと濡れます。

 

見た目以上に動きやすい

ドライスーツは、ウエットスーツみたいに体に沿ってぴっちりとしていません。

よって肩周りを圧迫するようなストレスは無くとてもパドリングしやすいです。

また、テイクオフの時も違和感なく動作することができます。

 

手入れが楽

サーフィン後のギアの手入れって意外と面倒ですよね。

ドライスーツはその点も非常に楽です。

サーフィン後は、真水で表面を洗い流し乾かすだけなんです

真水でもみ洗いとかしなくていいんですね。

スポンサーリンク



【サーフィン】ドライスーツのデメリット

メリットだけ聞くと寒がりはドライスーツ一択な気がするんですけど、デメリットもちゃんと教えてー

値段が高い

セミドライと比べると値段は確実に高いです。

オーダーで作ると10万は超えると思われます。僕のも約13万でした。

既製品もありますが、より海水の浸水を防ぐためにもオーダーすることをオススメします。

ドライスーツは水が入らないことが特徴ですが、水が入ると抜けないという特徴もあります。

穴が空いたりした場合は、特に注意が必要です。

よって、定期的に点検に出す必要がありその都度費用が発生します。

買った後もお金がかかるんだね…

 

首周りの圧迫感が強い

僕が唯一ドライスーツで嫌いな点が首回りの圧迫感です。

顔の血管が浮き出るくらいの圧迫感があります。

海水の侵入を防ぐためには仕方のないことなんですが、サーフィン中も気になる時がありました。

 

着脱しにくい

ドライスーツが背面ジップの場合、一人でジップを開け閉めするにはコツが必要です。

2人以上でサーフィンに行く場合は問題ありませんが、一人で行く場合はかなり苦労すると思います。

一人の時は「S字フック」を車に引っ掛けて開け閉めしていました。

 

その他のデメリット

入水時にドライスーツの中に入った空気抜きをしなければなりません。

これを確実にやらないと、空気が足先に集まりかなり危険です。

また、波が高い時などドルフィンスルーを頻繁にやる場合は着用をオススメしません。

首元からの海水の侵入が多いため、ドルフィンスルーを頻繁に行うと海水が入りやすいです。

最後におしっこはできません。理由は…分かりますよね♪笑

まとめ

寒がりなサーファーのためにドライスーツを使った感想とメリット・デメリットについてお伝えしました。

僕はこれからもドライスーツを継続して使用することを考えています。

寒がりなサーファーは使って損はなく、冬場のサーフィンでは間違いなく活躍します!

メリットとして、

  • サーフィン中・着替え時も寒くない
  • 肩周りのストレスがない
  • 手入れが楽

また、デメリットとして、

  • 値段が高い(定期点検の必要もある)
  • 首周りの圧迫感が強い
  • 着脱が難しい

があります。

お財布事情などもあると思いますが、寒がりサーファーには重宝します。

ウエットスーツの買い替え時期は検討されてみてはいかがでしょうか?

以上、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



ABOUT ME
よぶじん
◆1983年生まれ(39歳) ◆3歳の息子を持つ1児のパパ。日々仕事と家庭の両立で奮闘中。 ◆趣味:ギター・サーフィン・ブログ・投資 ◆米国株や投資信託、暗号資産をもって資産運用し、億り人を目指すべく日々様々な観点から情報収集に尽力。少額投資からでも資産を増やせる、自身の悩みや苦労が誰かの役に立つことを!をコンセプトに掲げ、2021年6月にブログ開始。