生活

【最終手段】Googleにインデックスさせる必須プラグイン!

一生懸命に作成した記事がいつまで経ってもGoogleにインデックスされない…

そんな悩みを抱えた方は多いんじゃないでしょうか??

Googleサーチコンソールで何度もリクエストしているんですが?!
noindexタグを設定していないのに…なんで??

TwitterなどのSNSにおいてもインデックスさなれないことが話題となっています。

僕自身も2ヶ月間全くインデックスされない経験があります。

ブログを投稿してもクローラーに巡回されずインデックスされないということは、検索結果に反映されないため誰からも見られないということになりブロガーにとっては死活問題となります。

 

クローラーが来ていない様子を表す画像

 

そんな僕が2ヶ月間様々な手段を試した中で、インデックス登録に効果と実績がある手段をご紹介します。

この記事を見ることで、クローラーが来ていなかった記事もインデックスされるスピードが格段に上がります!

今までクローラーが全く来なかった僕の記事が翌日にはインデックスされたという実績があります。

結論

  • GoogleクラウドプラットフォームでAPIを取得
  • Googleサーチコンソールと連携
  • プラグイン「Instant Indexing」を導入する
  • Indexing APIでリクエストする
インデックス登録に悩む方は是非とも一度お試しください。手順も初心者でも行えるものとなっています。

スポンサーリンク



Google Indexing APIとは

APIとは「Application Programming Interface」の頭文字です。

Google Indexing APIを日本語に置き換えると、「グーグルにインデックスさせるため連結するアプリケーション」といったところです。

新記事の投稿・既存記事のリライトなどによる更新情報をGoogleに対し早急かつ直接クローラーに伝えるという役割を持っています。

以下は、Google公式サイトの一文となります。

Indexing API は、ページが追加または削除されるとサイト所有者から Google へ直接知らせてくれる API です。通知が Google に届くとそのページがフレッシュ クロールのスケジュールに含まれて確実に巡回されるため、高品質のユーザー トラフィックにつなげることができます。

引用元:Google検索セントラル

いやいや、聞いたことないし。
Googleに直接知らせ確実にクロールを繋げると推奨しているのです!

また、サイトマップとIndexing API両方使うこともGoogleがオススメとしています。

サイトマップではなく Indexing API を使用することをおすすめします。これは、サイトマップを更新して Google に送信するよりも、Indexing API を使用した方が、Googlebot がすぐにページをクロールするためです。その場合でも、サイト全体をカバーするためにサイトマップを送信することをおすすめします。

引用元:Google検索セントラル

へぇ〜知らなかった!?
Google公式なので安心・安全ですよね。

新記事の追加や過去記事のリライトもクローラーに巡回されなければ、自身のサイト上で更新しているだけになりGoogleの検索結果には表示されません。

Indexing APIとは、Googleに対し直接かつ早急に伝える役割を持ち、Googleが公式でオススメしている

次項より手順の解説を行います。

GoogleクラウドプラットフォームでAPIを取得する方法

1. Googleクラウドプラットフォームと検索し、クリックします。

Googleクラウドプラットフォーム検索画像

 

 

利用規約更新情報をメールで通知にチェックを入れ「同意して続行」をクリックします。

登録の様子の画像

 

 

③「ホーム」から「ダッシュボード」を選択し「プロジェクトの作成」をクリック。

プロジェクト作成画面の様子

 

 

④「プロジェクト名」を入力し「作成」をクリック。

プロジェクト作成画面

※プロジェクト名はデフォルトのままでも問題ありません。

 

 

⑤ 検索窓に「INDEX」と入力し「Indexing API」を選択。

INDEX API検索の様子

 

 

⑥「有効化」をクリック。

有効化選択画面の様子

 

 

⑦ 有効化したら「ホーム画面」に戻り「ホーム」から「IAMと管理」→「サービスアカウント」を選択。

サービスアカウント選択の様子

 

 

⑧「サービスアカウントを作成」をクリック。

サービスアカウント作成の様子

 

 

⑨「サービスアカウント」、「サービスアカウントの説明」を入力し「作成して続行」をクリックします。

サービスアカウント入力の様子

 

※「サービスアカウント名」・「サービスアカウントの説明」はご自身の好きなワードで結構です。「このサービスアカウントの表示名」は自動で入力されます。

 

⑩  ロールから「オーナーを選択」し「続行」をクリックします。

 

11.「完了」をクリックします。

完了選択の様子

 

 

12.「メールアドレスをコピー」し、メモアプリなどに貼り付けておきます。右の「アイコン」をクリックし「鍵の管理」を選択します。

鍵の管理選択の様子

 

 

13.「鍵を追加」をクリックし「新しい鍵を作成」を選択

鍵の管理選択の様子

 

 

14.キータイプ「JSON」を選択し、「作成」をクリックします。

秘密鍵作成の様子

9項で入力したサービスアカウント名がこちらで表示されるようになっています。

 

 

15.保存されたことを確認し「閉じる」をクリックします。

秘密鍵保存の様子

 

秘密鍵(.JSON形式)はパソコン内のわかりやすい場所(デスクトップ上)へ保存しておくことをオススメします。また、「iPadで上記の作業を行うと、秘密鍵がパソコンに保存されましたとなっても該当するファイルはありませんでした。タブレット端末以外で秘密鍵の作成をすることをオススメします!

スポンサーリンク



Googleサーチコンソールと連携

1.Googleサーチコンソール「ホーム画面」から「設定」→「ユーザーと権限」を開き矢印部をクリックし「プロパティ所有者の管理」を選択します。

ユーザーと権限確認画面

 

 

2.新しいタグ(Googleウェブマスターセントラル)が開きますので「サイト所有者を追加」をクリックし、「GoogleクラウドプラットフォームでAPIを取得するー12項」において「コピーしておいたアドレスを貼り付け」、「続行」をクリックします。

サイト所有者を追加の様子
Googleサーチコンソールに戻り、「設定」から「ユーザーと権限」を選択した後、サイト所有者が追加されているか確認しておきます。(当初1行だったものが2行に増えていると思います)

プラグイン「Instant indexing」を導入する

1.ワードプレスのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択し、検索窓に「instant indexing」と入力し「今すぐインストール」をクリックし「有効化」します。

プラグイン選択の様子

 

 

2.有効化されるとダッシュボード内に「Rank Math」と設定項目が増えます。「Rank Math」から「Instant Indexing」を選択します。

Rank Math選択の様子

 

 

3.「Google API Settings」から「ファイルを選択」をクリックし、ダウンロードしておいた「秘密鍵」を選択し「変更を保存」をクリックします。

Instant Indexingファイル設定の様子
iPadではこのファイル選択ができませんので要注意です!

Submit Post Types to Googleとは、投稿が公開、編集、または削除されたときに、Google Instant IndexingAPIに自動的に送信することです。投稿や固定ページなど新規投稿や編集が多いものにチェックを入れておくようにします。

Indexing APIでリクエストする方法

ダッシュボードの「Rank Math」から「Instant Indexing」を選択し「Console」タブをクリックしインデックスさせたい記事等のURLを貼り付けます。

Instant Indexingリクエストの様子

最初に記載してあるURLは消して、インデックスさせたい記事のURLを貼り付けます。

記事の新規投稿やリライトの更新は、Action「Google:Publish/update URL」にチェックを入れておきます。

また、複数リクエストしたい場合は、改行しリクエストしたいURLを貼りつけることでまとめてリクエストすることができます。

複数リクエストする様子

 

「success」と表示されればリクエスト完了です。

クローラーに巡回されずインデックスされていない記事をIndexing APIでリクエストする場合は、リライト(記事に何かしらの更新情報を与える)しリクエストしなければクローラーは来ない場合があります。リクエスト前には更新の一手間を加えることをオススメします。

まとめ

一生懸命に作成した記事がなかなかインデックスされない…と困っている方は多いようです。

Twitterでも「#インデックスされない」と話題のワードとなっています。

「Googleサーチコンソールで何度もリクエストしているんですが…」、「noindexタグはないけどインデックスされまん…」と悩んでいる方は今回の手段を試されることをオススメします。

実際に僕のサイトもクローラーに巡回されインデックスされましたし、同じ悩みを持った方々がインデックスできたとTwitterで報告をあげられる方も多数います。

Googleが公式サイトにおいて使用をオススメしていることも安心できますよね

手順はやや多いかもしれませんが初心者にも設定できるものとなっています。

結論

  • GoogleクラウドプラットフォームでAPIを取得
  • Googleサーチコンソールと連携
  • プラグイン「Instant Indexing」を導入する
  • Indexing APIでリクエストする

#インデックスさなれない問題に一石を投じる手段であり、実績も備えた手段となっています。

以上、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



ABOUT ME
よぶじん
◆1983年生まれ(39歳) ◆3歳の息子を持つ1児のパパ。日々仕事と家庭の両立で奮闘中。 ◆趣味:ギター・サーフィン・ブログ・投資 ◆米国株や投資信託、暗号資産をもって資産運用し、億り人を目指すべく日々様々な観点から情報収集に尽力。少額投資からでも資産を増やせる、自身の悩みや苦労が誰かの役に立つことを!をコンセプトに掲げ、2021年6月にブログ開始。